相手が自然とココロが開く会話術。

こんにちは、わかしょうです!

いやぁ、快晴で気持ちがいいです^^

 

ワタクシは少し色白なので、個人的に少し焼きたいところですが^^;笑

今日は「見方一つで会話が弾むヒント」ついてです。

 

誰かと話しているとき、

 

Aさん「私、実はCさんのことがずっと気になってて・・・」

 

Bさん「Cさん?やめときなよ!Cさんと付き合うとロクなことないって」や、

 

Aさん「俺、会社の○○についてこういうふうに考えてるんだ!」

 

Bさん「いや、それはこう考えるべきだ!」とか、

 

Aさん「私、○○で悩んでるんだ。」

 

Bさん「大丈夫大丈夫!何とかなるって!」など、

 

相手との会話の中で、その人の価値観やモノサシなりが

垣間見えたりします。

 

その時、間髪入れずあなたの考えや主張を切り返していませんか?

相手の考えから、すぐにあなたの主張を挟むと

相手からは大小あれ、自分の考え・悩みが受け入れられてない、

と捉えてしまい、

 

知らず知らずのうちに相手の思いがふさぎ込み、

そのあとの会話がうまく弾まなかったり、

空気が重くなってしまったりします。

 

そこから先は、相手の心は【閉店ガラガラ】です。

 

相手が自然に本音を言いたくなる方法として、

【知る→理解する→受け入れる】のプロセスをきちんと経ること。

 

特に受け入れる

ここ重要です。

 

ここを受け入れずにあなたの主張で跳ね返してしまうと

相手との距離感が一気に離れてしまうので、

ここは例え自分の価値観とは相反していても、

 

一旦【受け入れる】。

 

【理解する】というところまではできるんです。

ですが、次の【受け入れる】というのが難しいんです。

 

相手との意見が違う場合、

 

ついつい、

【知る】→【理解する】→【意見する】となってしまうんです。

 

意見する=相手の意見をいきなり跳ね返してしまうと、

わかってもらえないと感じて、それ以降は深い会話展開が難しくなってしまいます。

 

【受け入れる】を会話の中に取り入れるとしたら、

クッション言葉です。

 

 

例えば、

「そうだね」、「おーなるほど」「そうなんだ!」、「いいね!」とか。

 

一旦【受け入れる】と、相手は、

「自分の気持ちわかってくれている」と感じ、

あなたは相手の【よき理解者】になり、

深い会話展開になっていきます。

 

 

いわゆる、本音ではしご酒です。笑

 

 

自分の主張なんてのは相手の話をとことん聴いたあとでも遅くありません。

相手が色々話しきってくれたあとだったら、満足して

自分の話を聴いてくれるからです。

 

なので、繰り返しますが、

 

まずは【受け入れる】

 

相手がとことん話すことで相手は満足していきます。

 

人は話を聞いてほしい生き物なので。

 

相手が満足すれば今度はあなたのターンです。

相手がいろいろ深い本音まで話してくれれば、

とても充実した会話ができます!

 

まずは一旦【受け入れる】

 

もちろん、恋愛でも活かせることです。

 

ここを意識してみては( ・∇・)!

 

あとがき===========

ポカポカして眠いです。

あとまだ観れていない物を観まする。

えーと、

バチェラーとSUITSと万引き家族と・・・(・ω・)

感想&相談したい事など、お待ちしています( ・∇・)どうぞお気軽に!