どれだけ人生の可能性を信じられるか?

ども!わかしょうです。

 

今思えば、

僕がこのブログを書こうと思った

理由のひとつとして、

「自分が学んだこと、経験したこと、感じたことが

たった一人でも役に立つことがあるかもしれない。」

 

という思いがありました。

 

高校の時に父が倒れ、

父が自営業だったので

倒れた時には数千万の借金があることに気づき、

家族でせっせこ返済していました。

大学もなんとか奨学金でいくことになったが、

ほとんどバイト漬け。

 

そんな中、

周りの大学生はサークルで皆と遊び、

ワイワイしている。

吉川も最初はサークルに入ってみましたが、

すぐにバイト漬けになったので

サークルは即効幽霊部員に。笑

 

借金を返すために働いてる日々に

「俺って何のために生きてるんだろう」

そんなことを思うこともありました。

 

このままでは何のために生きてるかわからないし、

このまま俺の人生を平凡に終わらせたくない。

そんな思いで、

ビジネス本何百冊と読み漁ったり、

セミナーに通いまくってました。

 

とにかく、

人と何かしら差をつけたかったんですよね。

差をつけないと遊んでる皆と同じになる。

それだけは避けたい。

 

けれども、その時に圧倒的に足りないものがありました。

それは「アウトプット」でした。

学ぶことは楽しかった。

差を付けたつもりだった。

 

知識から行動を通してアウトプット

することで誰かの役に立つかもしれないこと

までまるで行き届いていなかった。

 

それを今度は、

インプット・経験したことを

より貢献できればと思い現在発信しているのですが、

 

ただ、これまで知識を入れたことでひとつ、大きな気づきが得られたんです。

それは、

自分が思った以上に人生は可能性に満ちている

ということです。

 

色んな人に出会ったことで、

その人の「生き方・あり方」

を垣間見ることができたし、

それを知ったことは

吉川の内面に大きな影響を受けたんです。

 

どんな時も、

生きている限り、人生は可能性に満ちている

その気持ち【だけ】は

今も昔も忘れることはない。

 

たとえ他のことは忘れてしまっても、

たとえ一時的に絶望に感じても、

この信念さえあれば、

何度も立ち返ることができる。

 

それは僕だけではない、

誰だって生きている限り、

自分が思った以上に色んな可能性がある。

 

スティーブ・ジョブズの

スタンフォードスピーチの内容と同じように、

【「今」という点と、あなた自身が描く未来につながる「点」を

あなた自身がどれだけ信じれるか】

ということだと感じます。

 

あとはその可能性を信じて

あなたが持っている素材をどう活かすか?

そしてあとはどう貢献するか?

 

一度、一人になって深く考えてみてはいかがでしょうか?

吉川もまたもう一度改めて深く考えてみます。

 

まとめ==========

 

【この気持ちさえあれば前向きになれる】

信念は何かあるだろうか?

 

=============

 

あとがき=========

 

深く考えてるつもりが

 

 

 

 

眠くなってきました。(・ω・)

 

=============

感想&相談したい事など、お待ちしています( ・∇・)どうぞお気軽に!