もしもタイムマシンがあったなら

どうも、こんにちは!

吉川です。

 

吉川の思考は平均よりかなり思考の寄り道を

してしまうのですが、

学生時代に、受験勉強しなきゃいけないのに、

急にカワイイ女の子に○○のシチュエーションで告られたら

どうこたえるかというお花畑なことを考えたり、

はたまたもしゾンビが現れたらどう対処したら一番万全なのか?とか

勉強そっちのけで妄想にふけってばかりいましたw

 

まぁ、今もたまに考えたりしますが。笑

いや、たまにじゃないな、よく考えます。笑

 

で、さっきまで、

【もしタイムマシンに乗ることができたらどの時代に行きたいか?】

ってふと考えていたのですが、どうです?

皆さんは乗ってみたいですか?

 

 

15年ほど前の過去に戻ったとして、

どんなことをしたいか?とか

やり残したことをやることとかあると思うが、

吉川はその当時の時代の自分にどんな声がけをしたらいいか?ってことを考えてみた。

 

1つ目。

小・中学当時の女の子に対して、シャイだった自分へ。

【人の気持ちを観察して、相手にとって一緒にいたら心地いいと思われるようにするにはどうしたらいいか考えなさい。】

 

2つ目。

どこの高校(あるいは大学)に行きたいかわからず、あいまいなまま進学した自分へ。

【実際に色んな高校、大学に足を運んでみなさい。百聞は一見に如かず!刺激を受けて自然に目標が定まるよん!】

 

3つ目。

ボーイスカウトの海外活動の招待で、行く目的がなかったので、その招待を断った自分へ。

【何で断った!?おバカなの?行けるものは行きなさ〜い!違う文化、慣習に触れるのは人生にとっていい機会だからー!】

 

 

これは現在を過去からみて吉川が過去の吉川にアドバイスしてるのですが、

 

今回のテーマで最も大事なのは、

 

【もし未来のあなたは現在のあなたにどうなってほしいか?】

 

と考えるのが今回のテーマのミソなんです。

さぁ、妄想にふけましょう!笑

きっと思いもよらない道すじが発見できるかもしれないですよ!

 

あと、映画の【タイムマシン】って観たことありますか?

個人的にはかなりおすすめな映画です。

最初のあらすじとしては、

1890年代のニューヨーク、科学者のアレクサンダーは恋人のエマへのプロポーズ中に強盗に殺されてしまう。

どうしても彼女の死を受け入れられないアレクサンダーがタイムマシンを開発し、

タイムマシンで過去や未来を行き来して色々な運命を変えていく物語です。

また観てみて下さい!

 

編集後記========

久しぶりに西田敏行の

「もしもピアノが弾けたなら」

を聴きたくなりました。

 

もしも〜ピアノが〜ひーけーたーならー♪

 

ご相談はこちら

寄り道・遠回りは人生をより面白くする。

自分の深いところを磨き続ける。

相手の深いところを見つけ、

磨くためのサポートをする。

場を作る。

地味だけど、無くてはならない存在となる。

何よりも目の前の人を元気づけ、お役に立つ。