跳び箱が助走をつけないと跳べないように・・・

ども、ヨシカワです。

 

仕事で実績をあげる時、

スポーツで成果をあげる時、

恋愛でうまく行きたいとき?

 

どんなこともうまくいくと期待値が高すぎて、

壁にぶち当たった時、

モチベーションが下がってしまって

めげてしまうこともあるかと思います。

 

でもそう思うのは時期尚早。

やってもやってもうまくいかない時がある。

成長実感が伴わずにそのまま挫折。

 

でも最初は、成長が飛躍するための

【猶予期間】みたいなのがあります。

 

めげてしまいそうになるときは、

この【猶予期間】があることを

あらかじめ頭におくといいです。

 

 

それはちょうど跳び箱に似ているのかもしれません。

 

 

 

ただ突っ立ったままだと飛べいないですよね。

カイジ的にいえば、

「遠藤、ただ突っ立っているだけ」みたいな。

 

・・・冗談です。

 

助走を十分につけないと

飛べないんです。

 

跳び箱を飛び越えるのが物事の達成だとすると、

達成に必要なのは、【助走】にあたるわけです。

 

スラムダンクの桜木花道だって最初は

ひたすらに練習してましたし、

 

 

ドラゴンボールの孫悟空も

最初は武天老師様の元でクリリンと修行していました。

 

・・・亀の甲羅を背負って。

 

 

成長曲線というのはこうなっているそうです。

あまり意識したことはありませんが。笑

 

こういう成長曲線をあらかじめ知っているかいないかでも、

何か新しいことを取り組む時に

心持ちが違ってくると感じます。( ・∇・)

 

感想&相談したい事など、お待ちしています( ・∇・)どうぞお気軽に!