到来する人工知能時代に人間ができること。

いやっほー、吉川です。

 

近頃、人工知能の技術革新がすさまじい勢いですね!

チェスや将棋だったり、スマホのgoogleアシスタント、iPhoneのSiri、

プロ野球観戦チケットの値段もAIが決めたり、

毎日の着る洋服をAIでスタイリングしてくれるアプリ「SENCY」

自家用車の自動運転技術など、

色々な所に浸透してきています。

本当に時代の流れが大きく変わってきていますね!

 

ただ、こういった身近な生活だけのことではなくて、

もちろん仕事にもAIが浸透しつつあります。

 

例えば倉庫作業。

代表選手はアマゾン。

すでに自動倉庫ロボットをすでに導入しています。

こちら↓(you tubeです。)

https://youtu.be/As40rr5MstQ

 

また、これからは病院一つとっても、

ロボットが自動診断し、これまでの患者のデータベース(ビッグデータ)から

いかに小さい病気でもいち早く見つけ、

ロボットによって正確かつ効率的にオペをし、

ビッグデータによって病気の回復傾向、投与を行うようになると思う。

 

2013年にオクスフォード大学が【あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」】

として論文を出しました。

 

 

【驚異的なスピードで進んでいる自動化と遠隔化】

 

ロボットの導入によるメリット。ざっとあげれば

人件費が抑えられる

非常に効率的でかつ正確

しかも場合によってはその作業を複数遠隔で行うことができる

スピードが圧倒的に早い

壊れない限り継続できる

同じ作業、決められた仕事であれば人間の1000倍ほど発揮する

 

さらに人工知能の特徴である、

学習・パターン化し、データとして蓄積された情報をもとに

相手の状況に応じて対応できる応用能力

がもれなくついてきます。

 

そうすると、知的労働者でさえも人工知能によって

追いやられる可能性があるのです。

 

果たして、人間はどこへ昇華すればよいのでしょうか?

逆に人間でしかできないこととは?

 

思いつくもので挙げますと、

 

■芸術分野

例えば、イラストレーター、漫画家、コピーライター、カメラマンなど。

■一人ひとりの個性に応じた教育分野、カウンセリング分野。

■高い基準が求められる接客、ホスピタリティ。

■アイデンティティ、人生観、世界観、哲学、歴史、マインドなどの発信、共有。

■スポーツ、エンターティメント。

■伝統文化

 

人工知能により、簡単、便利になっていく分、

人生を豊かにしていくもの、人と人とのつながりを深め、

充実させていくものが重視されていくことによって価値が上がっていくのかもしれない。

 

まとめ===========

 

これからを生き延びる戦略はたくさんあると思います。

吉川が思うに、これからの時代、

【呼吸をするようにコンテンツを創作し、

世の中に発信する力、それも面白おかしく】

これが必要になってくると思います。

 

吉川自身もまだまだ足りていないので精進するばかりです。笑

 

編集後記============

もうなんか涼しくなってきましたね!

秋です、うん、食欲の。

より太ってしまうかもですが、

がむばって維持します。

うなぎたべたい

 

あと、あまりにも面白いので定期的に観てしまう

懐かしき電波少年の動画。

出川さんの芸人魂がすごいー。(千鳥のノブ風)

https://youtu.be/M5tI_tWLCKU

 

最近寝る前に村下孝蔵の【初恋】聴いてます。

切なくなりますね。とてもいい歌です。

【陽だまり】も聴いてます。めぞん一刻観たくなりました。

 

好きだよと言えずに~は~つ~こいは~

ふーりーこ細工のこーころ~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談はこちら

寄り道・遠回りは人生をより面白くする。

自分の深いところを磨き続ける。

相手の深いところを見つけ、

磨くためのサポートをする。

場を作る。

地味だけど、無くてはならない存在となる。

何よりも目の前の人を元気づけ、お役に立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。