人生は呼吸の数で決まるのではない。どれだけ・・・

ども、わかしょうです!

 

昨日に引き続き、

 

 

アメリカのコメディアン俳優だった、

故ジョージ・カーリンが妻の死に際して

友人に送ったメールの内容をシェアします。

 

ここから==================

近頃は、ビルは高くなったが、
皆の気は短くなり、

高速道路は広くなったが、
皆の視野は狭くなった。

前より金を使ってはいるが、
得る物は少なく、

以前よりたくさんの物を買っていが、
楽しみは少なくなっている。

家は大きくなったが、
家庭は小さくなり、

より便利にはなっているが、
時間は前よりもない。

たくさんの学位を持っても、
センスはなく、

知識は増えたが、
決断することは少ない。

専門家は大勢いるが、
問題は増えている。

薬の種類も増えたが、
健康状態は悪くなっている。

飲み過ぎ、吸い過ぎ、浪費し、
笑うことはとても少ない。

猛スピードで運転し、すぐ怒る。

夜更かしをしすぎて、起きたときは疲れすぎて、
テレビは長く見るが祈ることはとても稀である。

喋りすぎるが、愛することはあまりに
稀であるどころか、憎むことが多すぎる。

生計のたてかたは学んだが、
人生を学んではいない。

長生きするようにはなったが、
人生を生きてはいない。

月まで行き来できるのに、
近所の争いは絶えない。

外世界は支配したが、
内世界はどうなのか。

前より大きい規模のことはなしえたが、
より善いことはなしえていない。

空気を清浄し、魂を汚し、原子核の世界まで
支配したが、偏見は消えない。

沢山書いているが学んではおらず、
計画は増えたが、成し遂げられていない。

急ぐことは学んだが、
待つことは覚えず、

より多くの情報を押さえるためにより多くのコンピューターを作り、
コミュニケーションはどんどん減っている。

ファースト・フードで消化は悪く、
体はでかいが人格は小さく、

利益に夢中で人間関係は薄くなっている。
そういう時代である。

収入も増えれば離婚も増え、家は格好良くなったが
家庭は壊れている。そんな時代である。

手軽な旅行、使い捨ておむつ、モラルは捨てられ、
その場のXX、オーバーウェイトの体、麻薬、ショールームには
物が溢れているが、倉庫には何もない。そんな時代だ。

テクノロジーはこの手紙をあなたの元へと届けるが、
これを読もうと、ただ「消去」を押そうと、あなたの勝手である。

忘れないでほしい。愛するものと過ごしている時間を。
それは永遠には続かないのだ。忘れないでほしい。

あなたに畏敬の念を示すに優しい言葉をかけることを。
小さき者はやがて巨人になり、あなたから去っていってしまうであろう。

忘れないでほしい。あなたの近しい人に抱擁することを。
あなたが与えることができるこの唯一の宝には、一円もかからない。

忘れないでほしい。あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを。心を込めて。
あなたの気持ちの奥深くからの接吻と抱擁は、傷をいやしてくれよう。

忘れないでほしい。もう逢えないかもしれない人の手を握り、
その時間を慈しむことを。愛し、話し、あなたの心の中にある
かけがえのない思いを分かち合おう。

人生は呼吸の数で決まるのではない。
どれだけはっとする瞬間があるか、なのだ。

ジョージ・カーリン

 

ここまで=====================

 

 

自分自身にとって、

何の価値観を大事に生きているのか?

 

そんな課題を改めて考えさせてくれる

一節です。

 

 

こないだワタクシの記事の内容【正負の法則】と似ています。

記事はこちら

↓↓↓

http://toruyoshikawa.com/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%92%E3%81%A9%E3%81%86%E6%8D%89%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%8B%EF%BC%9F/

 

あとがき==========

 

実際に自分の価値観や思ったことって、

言語化していかないと

客観的に考えることができないですね(‘ω’)

 

==============

感想&相談したい事など、お待ちしています( ・∇・)どうぞお気軽に!