不器用なわかしょうが恋愛について考えるきっかけを与えてくれたえとう君の話。

ども、わかしょうです!

 

今日は恋愛の話をします。

 

ちょっとこっぱずかしいですが。

ワタクシは中学・高校と女性には奥手だったんですよ(`_´)ゞ

 

本当にしゃべれなくて。汗

なので部活に打ち込んで紛らわしていたところもあるのですが、、、

 

 

時は高校時代。

 

相変わらず彼女はできず、

ラグビーに打ち込むわかしょう。

でも、頭の片隅にあった、

 

 

「彼女欲しい」

 

 

でも、

 

 

でも!

 

 

やっぱりモテたい!!

 

 

男たるもの、やっぱりその気持ちはぬぐいきれませんでした。

 

モテるために。

 

まず何をしよう?

 

・・・(・ω・)なんも思いつかねぇだよ。

 

そう、高校の時は必ず朝の読書習慣があったんですよ。

みんな自分の好きな本(もちろんマンガ以外でねw)

を持ち寄って読んでいました。

 

 

でね、わかしょうがいつも通り朝、本を読んでいると、

隣のえとう君の本の表紙がふと目に入ったわけですよ。

 

!?

 

 

な、なんと!

 

・・・お前まじか!そんな本、本屋じゃ恥ずかしくて買えなかったのに、、、

 

お前すげぇ!

 

まじでリスペクトする!

 

ということで、早速えとうくんから拝借いたしましてw

読んでみたんですよ。

 

「すげー!なんかおもしれぇー!」

 

当時、櫻井秀勲さんという人のモテ本だったと思うのですが、

エポックメイキングでしたね!

 

そんなこと聞いたこともねぇー!という内容ばかりでした。

でも、実践する勇気もなかったおいら。

 

かといってこのままだと何も進まないと感じたおいら。

 

そこで。

 

女性との普通の会話の中で、

学んだことをこっそり実践。

極力悟られないように。

 

悟られたら、チキンハートのおいらは爆ぜてしまうので(‘ω’)

そんなこんなして数日後。

 

そのとなりのえとうくんの本の表紙をふとみてみた。

すると、

!?

 

ちょっと待ってくれよ。

 

1話のドラマ観ちゃったら2話も気になんじゃん。

 

 

・・・(・ω・)

 

・・・(・ω・)貸してちょ

 

 

・・・(・ω・)頼む、一生のお願い

 

嗚呼、使ってはいけない一生のお願い。

ここで使ってしまいました。

 

けど、心優しいえとうくんは貸してくれて、

朝の読書週間に読ませてもらってました。

 

再び女の子との会話でさりげに実践&検証。

 

そんなことを繰り返しているうち、

あることに気がつきました。

 

もちろんモテたい、という欲はあったのですが、

 

 

同時に、

おそらく男性と女性の考え(というか脳)に違いがあるらしい

ということに興味が向き始めたんですね。

 

なんだか面白いなぁ、と感じているうちに

大学生になった頃、

この本に出会ったんです。

男性目線でみると

「確かにー」って思うフシが多かったんですよ。

 

 

この本の大前提となるのが、

【なぜ男と女は理解し合えないのか?】という点。

 

 

もう、永遠の課題ですよね。

 

 

でも男性も女性も、いや広いくくりでいえば、人間って当然不完全じゃないですか。

人との関係ももちろん完全に分かり合える関係なんてなくて。

 

 

でも、その不完全だからこそコミュニケーションは面白い。

 

 

【なぜ男と女は理解し合えないのか?】という視点から、

 

【どうしたら男と女は理解し合えるのか?】と考えてみたり、

 

最終的に

【どうしたらより気持ちよく相手とより楽しく円満な人間関係を築けるのか?】

という果てしなく深遠かつ永遠の課題に向き合うきっかけをくれた一冊でした。

 

 

でも、この本にたどり着いたのはやはり

「えとう君」、キミが読んでいたあのモテ本がきっかけだったんだ。

 

ありがとう(^ω^)

 

えとう君はこんな感じの顔

だったはず。

 

感想&相談したい事など、お待ちしています( ・∇・)どうぞお気軽に!