○○で観察力を上げる。

やっほー、吉川です。

 

今日は本を2冊買い、ノートも2冊買いました。

ところで、吉川は月に2~3冊ノートを消費するときがあります。

 

とにかく、頭の中のことを書き留めるんですよ。

納得するまで。

 

なるべく思ったことを紙に書く癖をつけています。

紙に書かないと、頭の中だけでは整理できなくって、

ずっと悶々としてしまうんですね。

悶々としている原因もわからず、それが原因で

エネルギー切れを起こし、疲れてしまうんです。

なので、そうならないように紙に書いてすべて出し切ります。できる限り。

 

思いついたアイデアとかもそうですね、

頭の中にパッと浮かんだことってあ、メモろうと

ワタワタしているうちに忘れてしまったりします。

思いつき、ひらめきは生ものより旬が短いので、

すぐに捕まえる必要があります。

 

勉強するときもそうですね。

ひたすら書きます。

図にしたり、蜘蛛の巣のように線引いて

整理したり、ですね。

 

そうすると、書き出すこともアウトプットになりますので、

記憶に定着しやすくなります。

 

ブログを書いている時も書きたいことを箇条書きにして

書き出していますし、

思いついたことはなるべくすぐにメモしています。

 

 

メモの効用

■頭の中をまとめて整理、精査できる。

■メモをしていくうちに気づいたことを書き留めておこうという意識が芽生えるので、

観察力が上がる。

■すべきことを書き出せば、効果的に一日を過ごすことができる。

■悩んでいることを書き出せば、悩んでいることが客観視できるので、

解消することもある。

■いざというときにアイデアをすぐに引き出せるようになる。

■書き留めていたことの組み合わせによっては思いもよらなかった、

まったく別のアイデアを思い浮かべるときもある。

 

メモの効用ってかなりデカいです。

意識を付けるだけで、観察力が上がります。

もちろん、人間関係も。

とにかく気づいたことをあなたなりにメモしてみましょう!

 

吉川は、持ち運びメモはfasteverとevernoteを活用しています。

fasteverでサッと書き留め、evernoteで書き留めたことをじっくり整理します。

 

腰を据えてじっくり考えるときは紙とペンを用意し、

紙の真ん中にテーマを書いて、放射線状にキーワードを書いていき、

さらにキーワードから思いついたことを書き綴っていきます。

 

それをなるべく取っておいています。

あなたがこれまで考えてきたことって、財産なんです。

もし書き溜めてきたらたまには一通り眺めてみたりしましょう。

もしかしたら、意外な発見があるかもしれないですよ!

 

 

まとめ===========

メモはすぐに取り出せるようにしておく。

 

 

編集後記==========

未だ村下孝蔵熱は冷めやらぬようです。

 

ご相談はこちら

寄り道・遠回りは人生をより面白くする。

自分の深いところを磨き続ける。

相手の深いところを見つけ、

磨くためのサポートをする。

場を作る。

地味だけど、無くてはならない存在となる。

何よりも目の前の人を元気づけ、お役に立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。