コンプレックスをどう捉えるか?

ごきげんよう、わかしょうです。

 

自分は○○だからダメなんだ。

 

自分は○○に自信がない

 

と自分自身になんらかのコンプレックスを持っている人は

とても多いと思います。

おそらくほとんどの人は大小あれ、持っていると思います。

 

かくいうワタクシも、思い起こせば色々あります。

不器用であるとか、

割と適当なところがあるとか、、、笑

 

でも、僕はこう考えています。

「人生で起こっていることって正負の法則なんだ」と。

 

■いいところもあれば悪いところもある。

 

■幸せなことがあれば、恐怖を感じることがある。

 

お腹が減りすぎて死にそうになってる分、

美味しいものをたらふく食べると

その分幸せ感は倍増しますよね。

 

宝くじで1億円当たったとしても、

人生破産してしまうことが多かったり、

 

仕事で連勤が続いていれば、

つかの間の休みが幸せだったりする。

 

自分に照らし合わせれば、

どうしても悪いところに

フォーカスしていることを

コンプレックスと解釈してしまう。

 

人間、どうしても悪いところに目が行ってしまうよね。

人間、これまで生き延びるために快感より恐怖に敏感に

なるようにプログラムされているから。

 

いい噂はすぐ忘れ去られるのに、

悪い噂はしばらくはびこってしまうのもそう。

 

今だとニュースでやってるセクハラ問題とか。

 

でも、そんな悪いことばかりは

一生続かないと思っている。

(逆に良いことも長く続かないと思っている。)

 

なぜなら人生は正負の法則だと感じるから。

 

もしコンプレックスがあれば

誰かに会ったキッカケで、

何かの情報をキッカケで、

プラスに変わる可能性がある。

 

まとめ===========

 

■ながーい目でみて、

良いと感じることと、

悪いと感じることがあることを

【おりこみ済み】とすること。

 

■悪いことを良いと感じるキッカケを

探してみること。

 

■どんなにプラス思考に考えているように

見える人でも、良いところ【だけ】

という人はいない。

完全無欠な人間はいないので。

ようは悪いところを自分がどう解釈しているか?

ということ。

 

=============

 

美輪明宏さんが語る【正負の法則】

https://frau.tokyo/_ct/17100503

 

【星野源が思う『自分に自信がもてる』と言うこと】

感想&相談したい事など、お待ちしています( ・∇・)どうぞお気軽に!