吉川が友達に「友達やめたい」と言われたあの頃

どうもこんにちは!

吉川です。

 

少しご無沙汰でした。申訳なす!

 

今日は吉川の人との接し方と転換点について。

 

そもそも吉川が人との会話・コミュニケーションを突き詰めてみようと

思ったのが中学くらいにさかのぼります。

 

当時はかなりのオラオラ系で人の気持ちを考えないで

遊びに誘ったり、からかっていたりしたんです。

 

ですが、ある日いつものように電話で友達を遊びに誘ったら、

「もうとおるとは付き合いたくない」と言われてしまったんですね。

 

その当時はガツーンときて、かなりショックを受けたんです。

なにせ一番仲がいい友達だと思っていたので。

 

けど、そこが人と付き合う上での思考の転換点でした。

「ああ、俺はなんて悪いやつなんだ」とへこみはしたのですが、

それ以上に、

 

「どうすればもっと人とうまく付き合えるか?

一緒に遊んでくれるようになるか?」と考えたんです。

 

【下手でもいいから、自分なりでもいいから相手の気持ちになって考えてみる】

そこからスタートしたんですね。

 

(その後、また仲を取り戻して遊んでたりしてましたが)

 

人生において人とのつながりというのは

生きている以上欠かせないものとなっています。

 

人生の悩みの8割はお金、健康、人間関係と言われています。

 

でもそのうちの一つ、【人間関係】が少しでも変われば、

人との付き合いが楽しくなれば、いや、少しでも楽にさえなれば、

これからの生き方ももっと充実していく。楽しくなる。

 

その視点をもって今まで生きてきたつもりです。

会話・コミュニケーションに関する本、人付き合いがうまい人などから

学んで、実践したがうまくいかなかったことがめちゃたくさんありました。

けど、それでも吉川なりに人との会話や接し方で実践して、

「あ、これは好印象かも!」といったものもあります。

 

こういったことを言葉で形にしたかったのですが、

感覚的なことなので、中々形にできずここまできてしまいました。

 

でも、やはり言葉にしないともったいない。

たった一人の人でも役に立てば、と思い、

 

相手の距離を10倍縮めるコミュニケーション術

を次回から連投していきますね!

 

どうぞよろしくです!

 

ご相談はこちら

寄り道・遠回りは人生をより面白くする。

自分の深いところを磨き続ける。

相手の深いところを見つけ、

磨くためのサポートをする。

場を作る。

地味だけど、無くてはならない存在となる。

何よりも目の前の人を元気づけ、お役に立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。