【相手との距離を縮めるポイントその1】

前回に引き続き、
【相手との距離を10倍縮めるコミュニケーション術】をお送りします!
相手の興味を惹くために必要な要素を2つに大別しました!
■安心感
 
■好奇心
 
この2つです!
今回はその内の一つ、【安心感】です。
安心感の逆は警戒感です。
警戒されては、相手も思ったことはしゃべらないですし、
なにせ会話がぎこちなくなると思うんですよ。
相手と打ち解けて初めて会話が楽しくなるんです。
相手と打ち解ける前提として【安心感】が必要になるんです。
安心感を持ってもらうために欠かせない三大要素。
笑顔
姿勢
挨拶
です、めちゃくちゃ当たり前かもしれないですが。
やっぱ、土台はここなんです。
笑顔
顔が真顔になっているとぎこちない感じになり、
相手に警戒感が生まれてしまします。
笑顔は相手に自然と伝染するので、とてもいい影響が生まれます。
姿勢
背が猫背になっていると、自信がなさげにみえ、
なんとなく頼りなく見えます。
背筋がピッと、堂々として見えるだけで相手から見える
自分への捉え方もいい意味で変わってきます。
挨拶
笑顔、ピッとした姿勢で、自然に挨拶ができれば、
それだけで、印象が良くなります。
とくに第一印象。
この3つってすぐにできることばかりです。
まとめると、
真っすぐ、堂々とした姿勢で笑顔で挨拶をする。
これで安心感がうまれます。
まずは安心感です。
これとは逆が
【猫背で、自信なさげで無表情でぶつぶつ言ってる】です。
怖いですよね。思いっきり警戒感が生まれてしまいます。
警戒感や威圧感は相手を遠ざけ、
そこから相手との距離を縮めるのは至難の業です。
しかもやっかいなのが、警戒感を与えた当人は
意識していないことが多いことです。
先ほどの見た目、第一印象と被ってくるところなのですが、
最初の接し方が重要なのです。
ここの接し方で相手との付き合い方が90%決まるといっても
過言ではないくらい。
この三大要素なしに安心感は生み出せないので、ぜひ意識してみましょう。
【まとめ】
■安心感の三大要素
【姿勢】【笑顔】【挨拶】
しゃべるコミュニケーションも重要ですが、
言語以外の表情、姿勢、しぐさもかなり重要です。

ご相談はこちら

寄り道・遠回りは人生をより面白くする。

自分の深いところを磨き続ける。

相手の深いところを見つけ、

磨くためのサポートをする。

場を作る。

地味だけど、無くてはならない存在となる。

何よりも目の前の人を元気づけ、お役に立つ。