●●の視点を持つと10倍会話が楽しくなる。

ども、吉川です。

 

人の話を聞くのは苦痛な原因。

 

人とのコミュニケーションに関する本を手にした時に

結構書かれているのが、

「人の話に耳を傾けること」、

いわゆる積極的傾聴と呼ばれるやつです。

 

けど、基本的に人は自分の話を聞いてもらいたい生き物なので

話を聴いていても自分の話をついついさえぎって話してしまいがちになる。

 

かといって、

「意識的に」話を聞こうという意識だと疲れてしまう。

話を聞こうという義務感が満載になる。

 

 

野村萬斎。

 

・・・。

 

なかなか、人の話を聴く、というのは

「聴こう」とする意識では難しいところがあります。

 

人の話を【聴く】を楽しくするには?

 

なので、人の話を聴こうという意識から視点をずらして、

 

人が関心を持っていることに関心をもつ

 

という視点で話を聴く。

 

例えば、相手が映画好き、特にラブストーリー物が好きだとします。

あなたもラブストーリー物が好きだったら、

話はスムーズですし、話が弾むのでそもそも楽しいんです。

 

ですが、興味がないと途端に話が弾まなくなります。

興味がないから仕方がない、となると

興味がない対象の話題はそもそも避けがちになります。

そうすればあなたの興味を持った人としか繋がらなくなる。

それはそれでもちろん一つの選択肢ではあるんですが、

 

色んな価値観の人の考えを聴き、興味を持ち、

新しい価値観を認識した方が

人とのつながりという観点では

色んな可能性がひらけてくると感じるんです。

 

人の話を聴くことが楽しいと感じている根源。

 

そう感じる動機の元は

【知的好奇心】です。

その人が持つ考え方、その考え方に至ったルーツから

聴いた話を自分自身へ投影し、自分自身はどう感じるか、

というのが楽しいんです。

 

「はー!こういう考え方面白いなぁ」

「こういうことにはこの人はこう感じるんだ」

 

など、その人の考え方から普段一人で考えても

思いもつかなかった着想が得られるのはとても面白いと思うんです。

 

逆に相手の話を聴く時にそういう視点で話を聴いていると

話を聴くのがとても楽しくなります。

 

まとめ===========

 

人の話を意識的に聞くと義務感が伴ってしまうので、

自分の考えと相手の考えは違うという前提にして

相手の興味を持っていることに興味を持って聴く。

そこから感じる自分自身の着想に期待する。

 

==============

 

 

 

 

 

感想&相談したい事など、お待ちしています( ・∇・)どうぞお気軽に!