ブログ【わかしょうぽうたる】にご訪問いただき、ありがとうございます!

初めまして!わかしょうと申します!

 

【自己紹介】

名前:わかしょう

年齢:31

名古屋市在住。

★早ければ今年中にライターとして本格活動とするため、

色々画策・実行しつつ会社員継続中。

今までの仕事やプライベートで経験したこと・学んだことを

一人でも多くの人に役立てるよう余すことなく発信。

 

■好きなこと

映画を観る。音楽を聴く。カフェ巡り。ラーメン巡り。

 

■スポーツ

ラグビー(をやっていた!笑。観るのは好き!)

野球(昔から中日好き)

 

■一番近い夢

長崎からハイステンボス→軍艦島に行って、最後に奄美大島で観光!

 

■好きな言葉

上善水の如し。

 

ざっくりとわかしょうはこんな価値観の持ち主

 

■遠回り、寄り道は人生をより面白く、充実させるもの。

 

■人との関わり、会話、コミュニケーションについての探究心は人一倍。

 

■どんな人生経験も無駄にはならない。

 

■基本的には去る者は追わず、来た者拒まずスタイル。

 

■何よりも1人でもお役に立てれば。

 

 

続きまして、わかしょうはこんな人

 

■とても不器用であり、脳内はおそらくシングルコアである。笑

 

■争い好まず。平和が一番。競争も好まず。汗

 

■物思いに更けるのが好き。

 

大黒柱が倒れたことにより窮地に追いやられる

わかしょうが高校の時に

一家の大黒柱だった親父が倒れた。

 

今までほぼ親父の収入だけで生活していたのが、一変した。

また親父は自営業をやっていたので、

事業借金も多く抱えていたことも

この時に発覚した。

 

家族は路頭に迷い、

総出で事業借金を返し続けた。

そんな最中、何とか奨学金で大学に行く。

 

大学といっても、

サークルでみんなとワイワイ、ということでもなく、

ただひたすらにバイトをしていた。

なんか悔しかった。

「何で俺だけ?」

そんなことが頭によぎった。

その時わかしょうがひとつ感じたこと。

それは、

【みんなは大学で楽しんでいるけど、

僕は大学卒業後もさらに充実した人生を送るために

人と違うことをしよう】

と感じて、

■色んな本を1000冊以上むさぼり読んだり、

■色んなジャンルのセミナーに行ったり、

■自分自身が興味を持った仕事を色々してみたり、

■「この人は!」と思った人に会って話をして頂けたり。

 

思いつくこと色々やった。

 

 

相変わらず周りの大学生はみんなとワイワイ。

「何のために大学に入ったんだろう」

当時思えば、

「大学に入れば、就職に有利になる」

そう感じて入ったことを思い出した。

 

でも、現実はそうならなかった。

なぜなら、わかしょうが就職活動していた時

ちょうどリーマンショックが起こったからだ。

 

リーマンショック後、なかなか就職先が見つからなかった。

探しても探しても。

そして就職先が見つからないまま卒業。

5月になってやっと見つかり、通信会社に入社。

 

入社して見たら地デジを推進していく会社で、

そんなに会社自体長く存続するとは考えられなかった。

10ヶ月で退社したが、その直後にその会社が倒産。

 

その時感じたのが、

【勤めている会社が決して自分の人生を保証してくれるとは限らない】

ということだった。

 

そんな時、自営業だった親父の言葉を思い出した。

【自分で仕事を作った方が面白い。

サラリーマンなんてつまらんからなるな】

 

いや、サラリーマンはサラリーマンで

もちろん大きな経験になるので、なった方がいい。

むしろ経験するべきだと思っている。

 

が、今のこの時代、

【人生をより充実感を持って生きて行くのに】

「サラリーマン」という枠だけだと足りない。

 

さて、「サラリーマン」という枠を飛び越えて、

どう人生を構築して行くか・・・?

 

不器用で色々と紆余曲折しながら

少しでも人生を変えて行くストーリー、足跡を

ここに残していく。

 

経歴

通信会社のテレアポ、運送業を経て、通信会社に転職。

 

通信会社の営業に配属されたものの、

最初はさっぱり売れず、【売りにいく】スタイルがとても苦手だった新人時代。

 

自身が抱えていた家族の問題のこともあり、

コミュニケーションのことや心について学ぶ。

そして家族問題も再起し、

 

「営業も売りにいく」スタイルから、
【欲しいと言われる】営業を追求し、

【名刺を配るのではなく、お客様から欲しいと言われる営業】
をモットーに800人中3位の実績をおさめました。

 

この家族の問題に関わってきた経験、
また営業で学んだ経験を1人でも役に立てることはできないか?

と思い、発信することにしました。

 

普段はブログを通した発信がメインですが、

オンラインサロン、またリアルでの相談スペース

を設ける予定。