勝手に高校受験をドラクエに例えてみた。

ども、toruです!

 

みなさん、RPGゲームの【ドラゴンクエスト】ってやったことありますか?

toruはとても大好物で、(というか、ゲームが大好物ですw)

昔はよくやっていました!

 

 

よくドラクエって、人生に置き換えられますよね( ・∇・)

toruもよく置き換えていました。

 

では、勝手にドラクエ3で置き換えてみましょう。

(ドラクエわからない人、すいません、ゆるちて)

 

例えば受験の時、

「目標の高校に行く!」と

机の目の前に書いて貼りました。

 

※ちなみにその行きたかった高校は単に女の子が多かった学校だからです。

ええ、それだけです。

 

その目標の高校というのは、ドラクエでいう、

【ゾーマを倒す】にあたります。

 

そして、その高校に合格するために

参考書や赤本を書います。

 

これはドラクエでいう、

【武器を買う】にあたります。

でも、最初はレベルが低いので、

初級テキストから始めます。

いわゆる基礎中の基礎の本ですね。

ドラクエでいう、銅のつるぎみたいなもんです。

 

で、繰り返しスライムという基礎問題を倒しまくると、

レベルが上がり、魔法や特技を覚えるようになってきます。

 

それは応用問題が解けるようになるのにあたります。

 

なので、スライムからキラーエイプくらいが倒せるようになるのと同じです。

 

スライム

キラーエイプ

(キラーエイプって序盤はまぁまぁ強いモンスターなんすよ。まじで。

侮ると即やられるw)

 

なので、打撃だけで倒せていたモンスターが、

だんだんと魔法や特技を使っていかないと倒せないモンスターが

現れてくるんです。

 

 

それが応用問題にあたります。

基礎知識や、公式などを駆使しないと解けないレベルのことですね。

 

場合によっては途中で中ボスが出てきたりもするでしょう。

ドラクエでいえば、カンダタとかでしょう。

 

どれほど腕前が上がったのか試されるモンスターです。

 

カンダタは左側にいる親分みたいなヤツです。

強がりで腕っ節は強いんだけど、

内心は小心者なお人で、

常に子分を連れています。

名前はカンダタ子分で、

個性も何もないネーミングです。

常に連れているので、

まるでジャイアンとスネ夫のような関係です。

 

そして繰り返し応用問題を解いているうちに

それなりに難しい問題がクリアできるようになってきます。

 

自信もつくことでしょう。

 

そして違う教科も同じ要領で

基礎から応用問題へと強化していきます。

 

ドラクエでいう、転職です。

今までは戦士だったのが、僧侶になる感じです。

なので、数学から国語へ、といった感じでしょうか。

 

そうすると色々なバリエーションで魔法や特技を覚えていきます。

数学を解いていくのも、問題を読み解く「読解力」がいるので、

それを国語で養うと相乗効果で学力アップといったところです。

 

そうして攻撃(数学)と回復(国語、特に読解力)をおさえれば、

社会、英語(英語は読解力になるが違う言語になるので、魔法使いといった感じ)

理科も応用していくことができます。

 

そして、高校受験前の最終段階、

模擬試験。

まぁこれはドラクエでいうところのバラモスでしょうか?

最終ボスである、ゾーマの手下です。

 

トリみたいな顔してますが、かなり強いです。

バラモスの特技であるはげしいほのおとイオナズンの

コンビネーションは主人公をジリジリと追い詰める、

まー厄介なモンスターです。笑

 

あと、顔がどす黒いので、

体調があまりよくなさそうにみえます。

 

 

そして模擬試験をクリアしたら、

高校入試。最後の砦です。

 

ドラクエで言えばいよいよ最終ボスである、

【ゾーマ様】のお出ましです

嗚呼、カッコいい。

ええ、ドラクエ3を選んだのは

ただゾーマ様を見せたかっただけなんです。

ええ、そうなんです。

 

 

 

嗚呼、カッコいい。

 

 

どのモンスターよりも。

これらのボスが束になってもゾーマ様にはかなうまい!

まぁフリーザとギニュー特戦隊みたいなもんですわ。

 

そしてゾーマ様を倒して晴れて高校合格!

というわけです!!

 

・・・ちなみに受験では光の玉は使えませんよ。

カンニングと同じですから。笑

 

 

 

あとがき============

 

ワタクシも過去、この筋書き通りに勉強し、

受験という名のゾーマを倒しに行ったんです。

高校受験の点数はトップ校並みに点数が良かったんです。

 

でも高校は落ちました。

そう、ゾーマ様を倒せなかったんです。

 

 

 

なぜって??

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

内申点が足らずに足切りされたからです。

 

 

音楽と技術家庭科が5段階評価中2でした。

リコーダーが吹けなかったのがいけなかったでしょうか?

 

 

嗚呼、女の子とワイワイ・・・

夢と潰えました。

 

 

 

パパパパー♪パパパパー♪

 

 

あ、最後に。

 

ゾーマとの戦闘ミュージック、めちゃかっこいいですよ。

ぜひ聴いてみてください。

 

壮大な感じが最高です。

感想&相談したい事など、お待ちしています( ・∇・)どうぞお気軽に!