会話を自然に弾ませるには○○。

ども、こんにちは!

わかしょうです。


今回は、【会話を自然に弾ませるには○○】についてです。


会話が上達する方法として「聞き上手」になることってよく言われますよね?

確かに間違いではないのですが、


わかしょうの視点ですとちょっと違うんです。


例えば、Aさんがスイーツ好きだとします。

「Aさんって甘いもの好き?」

Aさん「好きですよ!」

「どんなスイーツが好きなの?」

Aさん「ケーキが好きですね!」

わかしょう「お、ケーキが好きなんだね!どんなケーキが好きなの?」

Aさん「モンブランとか好きです!」

わかしょう「モンブランが好きなんだね!あの上にのってるクリーム美味しいよね!どこか美味しいモンブランのお店とか知ってる?」

Aさん「○○のお店がオススメですよ!」

わかしょう「そうなんだ!今度家から割と近いから言ってみるね!」

わかしょう「そいえば、こないだ夕方のニュースでスイーツの特集やってて、○○のお店の特集やってたけどここのお店知ってる?」


・・・続く。


と言った感じです。


上の会話からキーワードを抜き出してみると、

【スイーツ】→【ケーキ】→【モンブラン】→【モンブランオススメのお店】と続いていきます。

つまり、【スイーツ】から始まる連想ゲームのような感じです。


名付けて、【マジカルバナナ会話法】!

・・・。


※マジカルバナナとは昔、マジカル頭脳パワーというクイズ番組で流行っていた連想ゲームのこと。

マジカルバナナ〜♪バナナと言ったら黄色〜♪黄色と言ったらひまわり〜♪といったように。


自然と会話を広げる方法とは、

【連想ゲームのように会話を楽しむこと】


まず会話の糸口として、まず相手の好きなことを聞く。

相手の身に付けているものでもいいし、

休みの日にしていることなどでもいいです。


例えば、


■運動だったら、どんなスポーツか?→野球だったら、休みの日に野球をやっているか?

→チームに所属しているのかどうか?→どこの守備を守っているのか?・・・や、


■ゲームだったら、どんなジャンルのゲームが好きか?→RPGだったら何のRPGゲームが好きなのか?

→そのRPGゲームのどこが好きなのか?・・・




そうやって話が連想ゲームのように自然に展開していくと、

たくさんの共通点が見つかっていきます。

相手と一つでも共通点が見つかると、

グッと距離が近づきます。

何よりリズムよく相手と会話が弾むとめちゃ楽しいので、

ぜひ意識してみましょう!




まとめ=======


自然と会話を広げる方法とは、

【連想ゲームのように会話を楽しむこと】

そうすることで自然と相手との共通点を発見することがある。

聞き上手とは聴くことがうまい人ではない。

(質問)返し上手のことである。

==========


感想&相談したい事など、お待ちしています( ・∇・)どうぞお気軽に!